虫歯治療について知りましょう

「歯が痛い、しみる」それは虫歯のサインかもしれません。
初期段階の虫歯には自覚症状はあらわれませんが、進行すると冷たい物がしみたり、痛みが出たりすることがあります。軽い風邪などは放っておいても自然治癒することはありますが、虫歯は放っておいても治りません。悪化すると抜歯を余儀(よぎ)なくされることもあるのです。

虫歯はどうやってできるのでしょう?

虫歯の直接の原因は虫歯菌(おもにミュータンス菌)です。歯の表面に付着する歯垢の中に多く含まれている虫歯菌。これが食べカスに含まれる糖分を分解して酸を出し、その酸が歯の成分のリン酸カルシウムを溶かし出します。放っておくと歯に穴が開き、虫歯が進行していきます。

虫歯菌が活発に活動するのは、食後30分だといわれています。そのため、虫歯予防には、お口の汚れを落とすこと、食後のブラッシングや口ゆすぎが大切です。そのほかにも、唾液の分泌が少なく歯質が弱いなどという条件があると、虫歯になりやすい傾向があります。

虫歯の進行段階・主な症状と治療法

  進行段階 おもな症状 治療法
C0:脱灰

C0:脱灰

虫歯菌の出す「酸」により歯のミネラル分が溶かされ始めている状態
  • 表面が白濁する
  • 溝が茶色に変色
  • フッ素剤を使ってのブラッシングなどによるケア
  • 歯科医院でのフッ素塗布
C1:エナメル質の虫歯

C1:エナメル質の虫歯

歯の表面にあるエナメル質が溶かされた状態
  • 小さな穴が開く
  • 歯の表面のツヤがなくなる
  • 茶褐色に変色
  • 詰め物(インレー・アンレー)または被せ物(クラウン)をする
C2:象牙質の虫歯

C2:象牙質の虫歯

エナメル質の内側にある象牙質にまで虫歯が達した状態
  • 穴が開く
  • 黒っぽく変色
  • 冷たい物がしみる
  • 詰め物または被せ物を装着
C3:神経まで進行した虫歯

C3:神経まで進行した虫歯

象牙質のさらに内側にある神経にまで虫歯が進行した状態
  • 大きな穴が開く
  • ズキズキと刺すように痛む
  • 膿が出る
  • 歯が割れる
  • 神経を抜く「根管治療」をしてから、残った歯の根を利用して芯をたて、その上に被せ物を装着
C4:歯根まで進行した虫歯

C4:歯根まで進行した虫歯

神経が浸食され歯の尖端の歯根にまで達した状態
  • 大きな穴が開く
  • ズキズキとした痛み
  • 膿が出る
  • 歯が割れる

進んでしまった虫歯も治療できます!「根管治療」につきまして

歯の神経にまで達した虫歯は、そのまま放置すると抜歯をしなければならないことに。そうなる前に、歯の根だけでも残すために行うのが「根管治療」です。根管治療は、歯の中の歯髄(歯神経や血管)が入っている根管という細い管の中から、虫歯になってしまった汚染組織を取り除き、内部を洗浄・消毒し、薬剤を詰める処置です。

歯を抜かず、根管治療をして歯の根だけでも残すことができると、顎の骨がやせてしまうのを最小限にとどめることが可能になり、お口の健康や歯列の維持に役立ちます。

根管治療の流れ

汚染組織の除去

根管内計測

洗浄・除菌

汚染組織の除去 根管内計測 洗浄・除菌
虫歯菌に汚染された根管内の神経や血管などを除去する 根管内を成型し、根管の深さを専用の器具を使って正確に測定 根管内部に細菌が残らないように、しっかり洗浄し徹底的に除菌する

薬剤の充填

土台の構築

被せ物の装着

薬剤の充填 土台の構築 被せ物の装着
根管内部にすき間なく薬剤を充填し密封する 歯の根に、被せ物を装着するための土台となる部分を作り芯(コア)を立てる 土台に被せ物を装着し、咬み合わせなどの調整を行って完了

虫歯治療や根管治療をしなくていいようにしっかり予防しませんか? 予防歯科についてはこちらをご覧ください

  • ページの先頭へ戻る