歯が抜けてしまった!そんなときはすぐにご相談ください

虫歯や歯周病、外傷などで歯を失うことがあります。歯が抜けてしまったまま放置しておくと、見た目が悪いだけでなく、咬んだり話したりするのに不便です。それだけではありません。咬み合わせが悪くなる、虫歯や歯周病にもかかりやすくなるなど、さまざまな悪影響を及ぼすことがあります。

歯を失ってしまったときの治療法はおもに3つ。もっとも歴史が古くポピュラーな入れ歯治療、隣の歯を削って支台にするブリッジ治療、手術が必要となりますが見た目にも機能性にも優れたインプラント治療です。どの治療法を選ぶかは歯科医師とじっくり話し合って決めることが大切です。

まつお歯科医院の入れ歯治療

入れ歯(義歯)にはさまざまな種類があり、歯が残っていない場合は総入れ歯を、残存歯がある場合は部分入れ歯を作製します。

総入れ歯は歯ぐきに装着しますが、部分入れ歯は歯ぐきと残っている歯を支えにして装着します。

保険診療と自費診療の入れ歯の違い

入れ歯には保険適応のものと自費のものがあります。費用の違いはいうまでもありませんが、大きく違うのは、その素材の選択肢の広さです。

保険診療の入れ歯 自費診療の入れ歯
  • 素材はレジン(歯科用プラスチック)のみ
  • 比較的安価
  • 熱が伝わりにくい
  • 見た目が不自然
  • 装着感がよくない
  • 衝撃で壊れやすい
  • さまざまな素材を選べる
  • 比較的高価
  • 素材によって熱が伝わりやすい
  • 見た目が自然
  • 装着感がよい
  • 耐久性が高い

自費診療の入れ歯はその素材によってさまざまな種類があります。金属床義歯(コバルトクローム合金、チタン合金など)やシリコンデンチャー(シリコンをクッション材のように使用したもの)、そしてノンクラスプデンチャーです。また加える装置がある場合は、その形状や個数により形や費用が異なります。

当院のおすすめ~ノンクラスプデンチャー~

歯ぐきを覆う部分に弾力性のあるナイロン樹脂を使用した、バネ(クラスプ)のない自費診療の部分入れ歯です。部位によって使用できないことはありますが、装着感も見た目も優れた入れ歯です。

【メリット】

  • バネがないので目立たない
  • 軽くて装着感がよい
  • 曲げても大丈夫
  • まわりの歯に負担をかけない
  • 金属アレルギーの心配が不要
  • 衝撃に強い

【このような方におすすめです】

  • 初めて入れ歯治療を受けられる方
  • 入れ歯の金属のバネが目立つのがイヤな方
  • 入れ歯の金属のバネで歯が痛んだり、違和感があったりする方
  • 奥歯などの2~3本が1列に抜けている方
など

まつお歯科医院のインプラント治療

インプラント治療とは、生体親和性が高いチタン製の人工歯根(インプラント)を顎の骨に埋め込み、それを支台にして人工歯を被せて歯本来の機能を回復する治療法です。セラミック製の人工歯を被せると天然歯に近い自然な見た目になります。しっかり咬めるのも特長です。

当院では世界でもトップクラスの品質を誇るノーベルバイオケア社のインプラントを使用しています。

インプラント治療の手順について

1.診査診断と治療計画

全身の健康状態や病歴などを問診し、レントゲンや歯科用CTを用いて、インプラントを埋め込む顎の骨の厚み、幅、形状、密度などを確認します。作成される3D画像によって、治療計画をわかりやすくご説明します。

2.インプラント埋入
STEP 1 STEP 2
麻酔後、インプラントを埋める部分の歯肉を切開 顎の骨を露出させる
STEP 3 STEP 4
インプラントを埋入する穴をドリルで形成 インプラントを植立し、歯肉を縫合

3.治癒期間と支台装着
STEP 5 STEP 6
インプラントと顎の骨が安定するのを待つ(3ヶ月~6ヶ月) インプラントが安定したら、ふたたび歯肉を開き、人工歯との接続部分となるアバットメントを装着

4.被せ物の装着

歯肉の傷口が治るのを待ってから、アバットメントに被せる人工歯を装着して、治療完了

5.メインテナンス

インプラント治療を行った部位の寿命は治療後のメインテナンスに大きく左右されます。なるべく長くお使いいただけるように、毎日のケアと歯科医院での定期的なケアをしましょう。

歯が抜けてしまった方は、町田市の「まつお歯科医院」にお気軽にご相談ください

町田市の「まつお歯科医院」へのご予約はこちらです

  • ページの先頭へ戻る