お子様の歯の健康を守るために

子どもの歯、乳歯は、永久歯にくらべ抵抗力が低いので虫歯になりやすい歯です。「乳歯は生え替わるから……」とケアを怠ると、大切な永久歯に影響を与えてしまうことがあります。また乳歯の虫歯を放っておくと、しっかりと咀嚼(そしゃく)ができずに食事からの栄養がきちんと摂れなくなるために、身体の成長にも悪影響を与えかねません。

お子様の歯の健康を守るために、町田市の歯医者「まつお歯科医院」では、口腔内チェック、レントゲンによるチェック、虫歯の予防・治療、ブラッシングや食事指導、フッ素塗布を行っています。気になるお口の症状がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

Pickup! キッズルーム完備でお子様連れの親御様も安心

小さなお子様連れの患者様が治療を安心して受けていただけるように、当院ではキッズルームを完備。絵本やおもちゃをご用意しています。小さい頃からキッズルームで楽しくすごしていれば、歯医者に対しての苦手意識も芽生えないのではないでしょうか。どうぞお気軽にキッズルームをご活用ください。

赤ちゃんの虫歯の原因はお母さん?

生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には虫歯菌はいません。虫歯菌は、親御様が食べ物を口移ししたり、スプーンやお箸を共用したり、またはキスをしたりすることによって、唾液を介して赤ちゃんに感染してしまうといわれています。一番赤ちゃんの身近にいるのはお母さんです。そのため、お母さんからの感染が多いと考えられています。

生まれてくる赤ちゃんの虫歯感染のリスクを減らすために、家族全員で歯科検診を受け、お口の環境を整え、虫歯菌の数を減らしましょう。

~赤ちゃんを虫歯から守るために~

  • 食べ物の口移しをしない
  • 赤ちゃん専用のスプーンやお箸、コップなど食器を用意する
  • 家族全員が虫歯治療をしてお口を清潔にする

お子様の矯正治療

成長発育を利用して骨格の状態の改善を図ることができるお子様の矯正。歯を動かすだけではないので、治療効果や治療期間において大きなメリットがあります。それは骨格の正しい成長を促し、歯の生える土台を整えることが可能だからです。

子どもの矯正は第1期(混合歯列期)と第2期(永久歯列期)で治療法が異なります。顎の成長期である第1期は、乳歯から永久歯に生え替わる時期でもあります。そのため、顎の正しい成長とともに、その生え替わりの管理も可能です。

永久歯に生え替わっている第2期では、きれいな歯並びに仕上げるための矯正治療をすることになります。第1期矯正治療で歯が生えるための十分なスペースが確保できれば、第2期治療は不要となることがあります。

お子様のお口の状態により、矯正方法も矯正開始時期もさまざまです。適切で効果的な時期に矯正を始められるよう、気になる歯並びの乱れがお子様にありましたら、一度当院にご相談ください。

お子様の歯を守るために、乳歯が生えたら町田市の「まつお歯科医院」にお越しください

  • ページの先頭へ戻る